プロからの推薦状

岸歯科医院岸 宗弘院長


顔のゆがみや顎関節症は歯の問題だけではなく、

噛み合わせや体のゆがみも重要な原因と考えられています。


顔のゆがみには頭の骨と表情筋が関係します。

顔のゆがみや顎関節症の原因として、アゴの骨のズレがあります。


アゴがズレれば、

アゴの位置が正常な位置からずれて変わりやすくなり、

アゴの関節の動きにズレが生じやすくなります。


歯の問題は、けっして歯だけにとどまりません。顔がゆがむだけでなく、

体のゆがみにもつながり、全身の健康状態にまで影響してくるのです。


私もあつし先生によく治療していただいているのでよくわかります。

ゆがみを取ることでいろいろな予防になると確信しております。

私はあつし治療院を推薦します。

あつし先生これからもよろしくおねがいします。



■院長経歴


1987.3 河合町立河合第3小学校卒業

1990.3 大阪明星中学卒業

1993.3 大阪明星高校卒業

1993.4 北海道大学歯学進学課程入学

1999.3 北海道大学歯学部卒業


歯科医師免許取得

1999.5 奈良県立医大口腔外科学講座入局

2001.4 奈良県立医大大学院医学研究科入学

2005.3 奈良県立医大大学院医学研究科卒業

医学博士号取得

2005.4 岸歯科医院継承

 
■所属学会

日本口腔外科学会会員

日本インプラント学会会員






プロゴルファー高瀬 篤史プロ


この治療を受けて

体のゆがみが取れてきたからか、

最近打球が安定してきました。


以前は長い時間ゴルフの練習をすればするほど球がバラつく傾向がありましたが

今はその確率がグンと減っているんです。

一年前に比べると成績も良くなっています。

そして打球だけでなく腰痛や肋骨痛が出なくなり

痛みの予防にもなると実感しています。


毎日のゴルフスイングの積み重ねによって、

体が同じ方向ばかりにねじられ、左右のバランスに差が出てくるということでした。


ゆがむことでスイングの軌道が変わり、

球が不安定になるばかりでなく痛みにもつながるそうです。

何回も治療してもらうことによりゆがみにくくなってきたようで、

体の調子が非常にいいんです。


ねじることで体がゆがんでいくということは考えていなかったので、

この治療に出会えてとてもラッキーだったとおもいます。

スポーツ業界にも、もっとこう言う考えの

治療が増えれば仕方なく痛みや不調で引退に追い込まれる

選手や本気で困っている選手が減るようにこういう先生が

増えてくれることを願います。



アメリカ全米アマチュア選手権64位タイ

日本ゴルフツアープロ

このページの先頭へ