生理痛

そういえば生理痛もよくなった。

そう言われることがあります。

肩や腰の症状でご来院されておられた患者様が、治療を続けていくと

一緒に生理痛も取れてしまうことがよくあります。


 ご来院される女性の患者様で

生理痛を薬でおさえているという方が

 たくさんおられますが、生理痛は薬に頼らなくても解消できるんです。


以下の症状が一つでも当てはまれば早めの治療が必要です。

      ・痛くて起き上がることができない

・薬を飲んでも効かない

・立っているのがつらい

・痛くて何もできない

・夜寝つきにくい、眠りが浅い

・カラダのゆがみを指摘されたことがある

・痛みで動くことができない


こういう症状が出る前に対処するのが一番ですが

出てしまってからでも遅くはありません。

私と一緒にカラダの根本改善を目指しませんか?



[なんで治らないの?]

『生理痛は薬でしか抑えることができないと思ってました。』


そんな患者さん達の声をよく聞きますが、それでは根本的には治りません。

症状を薬で抑える様な対症療法では永遠に月に1度は痛みにおびえ続けなくてはいけません。

根本的に治すには骨盤のゆがみを取らないといけないんです。

痛みを出している子宮は骨盤の中にあります。

骨盤がゆがむことで子宮がしめつけられて痛みが出ているのに

それを薬で抑えているだけなので根本的に治らないんです。



[生理痛の治療について]

当院では、生理痛は痛みを抑えるだけが解決法だとは考えていません。

骨盤のゆがみを取ることで骨盤に押さえ付けられていた子宮が正常に働きだすので

痛みがなくなります。


骨盤がゆがんでいるのに、そのゆがみを取らないでよくなるわけがないんです。

骨盤のゆがみを取ることで痛みが取れ、根本的によくなるんです。



全身のカラダのゆがみを取ることで、カラダが正常に働き、

子宮も正常に働くことで生理痛はよくなります。




[最後に]

病院に通ってもなかなか治らない生理痛ですが、月に1度はお腹の痛みで動けなくなる方や、

気分も悪くなる方でもよくなるケースと言うのは実は多いんです。


今まで悩み続けていたその痛み、当院できっとご満足いただけると思います。

このページの先頭へ