寝違え、むち打ち

「寝違え、むち打ちはこれでわかる!」


 寝違え、むち打ちの痛みを取ることは簡単です。

 今までほとんどの方が2,3回の治療でよくなられています。


 これをやると肩首に痛みと運動制限がでる状態になります。

 何かの原因で肩首の痛み+首が回らなくなったりという症状がでます。


 当院では痛みや運動制限はもちろん

 寝違えの根本的な治療も同時にしています。

[なんで治らないの?]

 
 私も小学生のころ遠足の前日に寝違えになりましたので、寝違えのツラさは経験済みです。

 首が痛くて動かなかったので、そのまま遠足ではなく病院に行ったことを強烈に覚えています。


 寝違え、むち打ちの治療は実は首や肩ばかりをもみほぐしてよくなるわけではありません。

 原因は肩首周辺のゆがみなんです。

 肩首周辺のゆがみを取ることで痛みは取れるのですが、

 大抵はもみほぐすとよくなると思われがちです。

  ※以下の症状が一つでも当てはまれば早めの治療が必要です。

・首を左右に回すと痛みが走る

   ・首を上にあげると痛い

   ・夜、首がうずいて寝れない

   ・肩も痛くなってきた

   ・少しでも首を動かすと痛む


  こういう症状が出る前に対処するのが一番ですが

  出てしまってからでも遅くはありません。

  首が痛い。と思った時に早めの対策をオススメします。

[寝違え、むち打ちの治療について]

 当院では、寝違え、むち打ちは肩や首だけの問題だとは考えていません。

 もちろん肩首も治さなくてはいけませんが、

 全身のゆがみによって引き起こされることがあるんです。


 カラダがゆがんでいるのに、そのゆがみを取らないでほぐしたところでよくなるわけがないんです。

 カラダのゆがみを取ることでゆがみが取れ、根本的に痛みが取れるんです。

 全身のカラダのゆがみを取ることで、カラダが正常に働き、

 ほとんどの症状はよくなります。


[最後に]

 マッサージや整体、整骨院、カイロプラクティック、病院に通ってもなかなか治らない寝違えむち打ちですが、

 症状がきつく、首のヘルニアになったような方で、手術や入院を考えられていた方でもよくなるケースと言うのは実は多いんです。


 今まで悩み続けていたその痛み、当院できっとご満足いただけると思います。

このページの先頭へ