腱関節周囲炎(五十肩)

(五十肩はこれでわかった!)


 五十肩は治療に時間のかかる症状ですが、ご来院された時よりも良くなることがほとんどです。

 突然肩が上がらなくなるものを五十肩といい、

 総じて腱関節周囲炎と言われています。


 原因は不明と言われていますが、実は肩周辺が正常な形でない場合に

 起こっているんです。

 関節が正常な形であれば痛みは出ませんし、

 形が異常であればいろんな問題がでます。


 ひどいものでなければ
 
 一回の治療で治った患者様がたくさんおられます。

 ひどい方でも3,4回の治療で来られた頃よりも

 数段よくなっておられます。

[なんで治らないの?]

 『マッサージや整体、整骨院に通ってほぐしてもらったり、

  病院で薬やシップをもらって張ったりしていますが、

  なかなかよくならないんです。』


 そんな患者さん達の声をよく聞きますが、それでは根本的には治りません。

 根本的に治すには姿勢や肩のゆがみを取らないといけないんです。

※ 以下の症状が一つでも当てはまれば早めの治療が必要です。


・肩こりがひどい

・首の痛みもある

・洋服を脱いだり着たりがしずらい

 ・背中のファスナーを開け閉めしづらい

 ・肩を動かすと痛い

・手をカラダの後ろに回すと痛む

・肩こりが毎日気になる

・眠りが浅くなった、もしくは寝てる途中で目が覚める

 
 こういう症状が出る前に対処するのが一番ですが

 出てしまってからでも遅くはありません。

 少し肩がおかしいな。と思った時に早めの対策をオススメします。

[五十肩の治療について]

 当院では、肩こりは肩や首だけの問題だとは考えていません。

 全身のゆがみによって肩こりが引き起こされることもあるんです。


 肩がゆがんでいるのに、そのゆがみを取らないでほぐしたところでよくなるわけがないんです。

 肩のゆがみを取ることでゆがみが取れ、根本的に痛みが取れるんです。

 全身のカラダのゆがみを取ることで、カラダが正常に働き、

 ほとんどの肩こりはよくなります。

[最後に]

 マッサージや整体、整骨院、カイロプラクティック、
 
 病院に通ってもなかなか治らない五十肩ですが、

 それが原因で、手術や入院を考えられていた方でも

 よくなるケースと言うのは実は多いんです。


 五十肩で悩んでいるあなた、当院できっとご満足いただけると思います。

このページの先頭へ