ヘルニア

当院には首や腰にヘルニアをお持ちの患者様が多くご来院されています。

ヘルニアは一度の治療では治りません。

ですが、程度によっては痛みやは取れることが多いんです。


若い方もヘルニアになりますが、

高齢になるとさらにヘルニアが起こりやすくなります。


ヘルニアは治すだけではなく予防することも大事ですので

腰や首がちょっとおかしいぞ?と思った時に治療することを

オススメしています。


[ヘルニアって何?]


ヘルニアは大きく分けて3種類あります。

・椎間板ヘルニア(症状例)腰から足にかけての痛みやしびれ

・椎間ねんざ(症状例)腰から足にかけての激痛

・脊椎すべり症(症状例)立つ、座る、歩くがツライ



ヘルニアとは背骨と背骨の間のクッションをしてくれている

椎間板というコラーゲンを多く含んだゼラチン状のものが

一部突出していることをいいます。


そのコラーゲン状のものが神経に触り痛みが出ると言われています。

多くのものが片側だけに起こりますが、

ひどいものになると両方に起こることもあります。


ヘルニアはヘルニアがあることが治療の対象になるわけではありません。

ヘルニアによって痛みやしびれがでることで治療の対象になります。


痛みを我慢すると余計に悪くなる事があります。

症状が出る前に治療できれば早期に対処できるので

出来るだけ早めの治療をオススメします。



「ヘルニアの症状」


ヘルニアは主に腰が痛い、お尻や足がしびれる等の症状が多く、

足の裏がしびれる、足の甲がしびれる、

運動がしにくい、すぐにカラダがつらくなる。

といった症状もあります。


片方のスリッパがよく脱げる

片方の足だけよくつまずく。

これは足のマヒのサインでもあるので注意が必要です。


一般的には重症化していなければ手術しないで治すことが多いようです。


以下の症状が一つでも当てはまれば早めの治療が必要です。

  ・片側の足に痛みがある

  ・片側の足がしびれてきた

  ・あしのこむら返りやケイレンが起こる

  ・咳をすると腰が痛い

・坐骨神経痛がある

・足のつま先の感覚がマヒする

・同じ姿勢をしているとツライ


特に咳で激痛が出たり、足の感覚のマヒなどが出ると

重症化している危険性があるので注意が必要です。


こういう症状が出る前に対処するのが一番ですが

出てしまってからでも遅くはありません。

私と一緒にカラダの根本改善を目指しませんか?





「ヘルニアの治療について」


『マッサージや整体、整骨院に通って腰をほぐしたり、引っ張ったり

病院で出された薬やシップを使ったり痛い注射もしてもらいましたが、

全然よくならないんです。』


そんな患者さん達の声をよく聞きますが、それでは根本的には治りません。

根本的に治すには姿勢や腰のゆがみを取らないといけないんです。


当院では全身のゆがみによって

ヘルニアが引き起こされていると考えています。


背骨や骨盤がゆがんでいるのに、

そのゆがみを取らないでほぐしたところでよくなるわけがないんです。

背骨や骨盤のゆがみを取ることでゆがみが取れ、根本的に痛みやしびれが取れるんです。



全身の体のゆがみを取ることで、

カラダが正常に働き痛みはよくなります。

強い痛みでも症状が1回の治療でよくなることがよくあります。


ヘルニアは早めの治療が一番大切です。

症状が重くなればなるほど治りも遅くなります。

激痛やしびれに変わる前になるべく治療しましょう。



[最後に]

マッサージや整体、整骨院、カイロプラクティック、

病院に通ってもなかなか治らないヘルニアですが、

手術や入院を考えられていた方でもよくなるケースと言うのは実は多いんです。


今まで悩み続けていたその痛み、

当院できっとご満足いただけると思います。

このページの先頭へ